この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

成功の対価は、無形で無限大の価値があるものでも支払うことができる

頼むという行為こそ、望みのものを手に入れるための最も手っ取り早いものですが、決してタダではありません。
頼んで成功するにはそれなりの対価が伴うものです。

ここで、頼むという成功法によって望みのものを手に入れる場合の正当な価格を検討してみましょう。
実際価格は種々様々ですが、一旦成功の価格と値札を心得てしまえば間違うことはありません。

一番のお買い得品を手に入れるためには、ただ頼み方の技術を磨き、根気強く頼むことです。

望みのものには確かに値札はついていますが、金額はありません。
金額ではなく、あなたの望みのものの多くには、評価、感謝、賛嘆、協力、友情、といった値札がついているものです。

人は単にお金が欲しいわけではありません。
これ以上お金はいらないという人は多いものですが、誰もが評価、感謝、賛嘆、協力、友情などは常に求めているものです。

ですからあなたは望みのものに対して、相手が金銭以上に欲しがっているもので支払えることが多いのです。

あなたはあなたが最も望み、必要としているものを提供してくれたことに対し、評価、感謝、賛嘆、協力、友情と言った形で対価を相手に支払います。

例え実際に金銭で支払う場合でも、評価、感謝、賛嘆、協力、友情も一緒に支払いましょう。
これは特別な心遣い、サービス、その他具体的なメリットを提供する形を取りますが、その代わりに必ず相手から好意というお返しが得られます。

そして生きていくにつれて、集められるだけの好意が必要だということが分かってくるものです。
これらは頼むという成功法の利益を倍増させるものです。

頼むことと乞うことは全く意味が違う

お金を乞うホームレス

世間ではクレクレ君などと言われ、よく見かける光景ですが、成功とは決して

Give me! Give me!

と乞い回ることではありません。

例えば

果たしてこうした人が本当に成果に繋がっているか?と考えてみる
自分の周りにいたそういった人をその後どうなったのか?と見渡してみる

こうしたことをしてみればすぐに分かることですよね。

こういった人はほんのおこぼれくらいにはあり付いているかもしれませんが、得るところといえばそれくらいで、成功はおぼつかないはずです。

頼むことと乞うことは全く意味が変わります。

正しく頼むことによって、相手も初めてその依頼に応えてくれるもの

正しい頼み方が分からない、周りの人に頼んでみても思うような成果に繋がらない、という方にはこちらの記事が参考になります。

クレクレ君にならないために

正しく頼むことによって望みのものを手に入れた際には、望みのものを手に入れる前か最中、もしくはその後には必ず対価の支払いをしなければなりません。

決定的なポイント

そして、これをさらに足し算方式から掛け算方式に変える決定的なポイントは、先に対価の支払いを行ってしまうことです。

これはできる人、やったことのある人にしか分からないことで、理解の出来ない人には後先の問題くらいにしか見えないかもしれません。

しかし、自ら進んで先払いができる人、というのは相手に与えるすべてが変わります。

お金より時間の方が価値があるように、無限大の価値がある無形の財産

札束と黄金の天秤

例えば、権力と富に恵まれた人にあなたの望みのものを手に入れるように頼む場合に、そのお礼として金銭を支払うということはそうそうありません。

こういった場合に支払うものの代表例としては

  • 相手に対する賛嘆の念
  • 高く評価する気持ち
  • 相手がもっと貴重な仕事に時間を使えるよう、できるところでは相手を手伝おうという協力体制
  • 温かい友情で示される心からの感謝の気持ち

などの、無形ですがとても価値のある財産での支払いが行われます。

本当に目に見えてこういう気持ちでいれば、何でも望みのものが手に入るばかりでなく、一生続く相手からの信頼があなたのものになります。

現在あなたの信頼口座の中には、どれくらいの信頼貯蓄がありますか?

通帳の束

無形の財産とか対価とか言っても形もないし、それが本当にそうなるのかなんて分からないし、当てにならないよね

と言う方が稀にいらっしゃいます。

しかし私達はそれらを実際に現実世界において、相手を判断する基準にしていることが多いのです。

信用、信頼がまさにそうです。

これを目に見える形でお金という有形のものでやり取りをして、現実世界で仕事にしているのが銀行です。

例えば銀行から融資を受けたい場合、口座の預貯金や収入証明、動産、不動産、会社の決算報告書などの収支から判断します。

それらがゼロ、持っていない、赤字などの状態では判断基準を満たさないので融資を受けることが出来ません。

銀行の例と同じように、信頼の貯蓄口座を頭の中で新規開設してみる
相手に喜ばれた場合

相手に喜ばれることをすることで相手に本当に喜んでもらえたら、相手からあなたに対しての信頼を得ることができ、それは取引履歴となって信頼の預け入れとして口座の通帳に記帳され、蓄えられます。

相手の期待を裏切った場合

もし、何か期待を裏切るようなことや、がっかりさせられるようなことがあった場合には、その信頼貯蓄口座から信頼の引き出しが行われ、今度は通帳に引き出された旨が記帳されます。

こうして口座の中にある信頼貯蓄が増減することで、口座の中に信頼の貯蓄が全く無くなった場合には、あなたは相手から見限られることになります。

同じことを自分自身もこれまでの人生において相手に対して行ってきたはず

この想像上の信頼貯蓄口座にあなたができる最高の投資とは、望みのものを手に入れる助けをして欲しいと人に頼む度に、あなたがおまけとして支払う評価、感謝、賛嘆、協力、友情、です。

まとめ
  • 乞うのではなくて頼むことに価値がある
  • 頼むことの価値は評価、感謝、賛嘆、協力、友情でも支払うことができる
  • 信頼貯蓄口座を作り、貯蓄を作っていくことが成功への一歩