この記事はこんな人が書いています

1982年生まれ。22歳から現在に至るまで成功哲学の世界に身を置き、月間セールス日本一の記録も保有しています。

自社取り扱いプログラムであるナポレオン・ヒル、ジョセフ・マーフィー、マクスウェル・マルツ、ジグ・ジグラー、デール・カーネギー(道は開ける、人を動かす)、ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則)を一通り所有し、実践しています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成とサポートも担当しています。

~主な取り扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

壁下政和

ナポレオン・ヒル財団 アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

成功への扉を開く6つの鍵⑤心構え、マインドのパワー

次なる成功の鍵は心構え、マインドのパワーです。

この方法は常に積極的な考え方をすることで発生する無限の力を利用するものです。

あなたの潜在意識を意図的に利用して、人生に驚くべき影響を及ぼすことが出来るという点には疑う余地がありません。
あなたの人生ばかりか、周囲の状況すらも変え得るかもしれません。
あなた自身の心の力が、他人の人生や状況にさえも、影響し得るという証拠も上がってきています。

基本的には心の力を利用するテクニックは、あなたの意識の中で特定の願望を白熱するまでに強烈に集中させ、あなたの潜在意識に焼き付けるというものです。

焼き付けられた願望は、潜在意識の中であなたの思考や行動に、あるいは周囲の状況に対してさえ、コンスタントな影響を維持し続け、ついには願望を現実化します。

心理学者の中には

人の潜在意識は、全宇宙を司る宇宙的意識、または超意識と結ばれており、人の潜在意識がその個人的部分なのだ

と信じている人もあります。

神学者は願望を意識の中で強烈に高めることを、祈りとして捉えています。

祈りはあなたの潜在意識から発して宇宙的意識に届くのであり、神学者はこの意識を神の意識、あるいは単に神と呼んでいるのです。

どんな呼び方をするにしろ、心の力はかくも驚くべき成果を発揮するために奇跡的とも言える働きをします。

確かに、心の力は成功への非常に重要な鍵です。

心構え次第でどんな状況をも覆すことができる

ジャンプして飛び越える人

これは何か特別な脳力や限られた人にしか出来ない特別な力ではなく、これまでの人生の中でも何度かこういった経験をされたことがある方がほとんどです。

例えば恋愛で

自分に明らかに不釣り合いだったり、相手に別の意中の人がいることを知っているような圧倒的に不利な状況でも、諦めずに立ち向かったり、なんとか自分に振り向いてもらえるように頑張った経験はありませんか?

例えばスポーツで

弱小校で誰もが諦めているような状況でもなんとか県大会、全国大会出場を目指してチーム全体で協力して必死に練習したり、全員が一丸となって頑張って取り組んだ経験はありませんか?

例えば勉強で

親にも学校にも「お前では絶対にその志望校には合格できない」と宣告されても、志望校を絶対に諦めきれなくて必死に勉強を重ね、受験までに自分の偏差値を上げてしっかりと勉強して合格出来るように頑張った経験はありませんか?

例えば仕事で

今までに達成したことのない売上目標を何とか達成させるために、環境を整えたり、サービスやオペレーションを考え直しててみたり、応対や顧客対応を改善して誰もが喜んでもらえるような努力を重ねた経験はありませんか?

今までの人生の中で心構えが支えてくれた、後押ししてくれた、という経験は皆さんもどこかのシチュエーションで経験しているはずです。

この力を有効活用することで、上記に挙げたような困難な状況をも乗り越えるための力として使うことが出来ます。

心構えがしっかりしていないと不安定になる

足元注意の看板

今までにそんな漫画の主人公みたいな経験したこともないよ…

どうせ自分には無理だし…

という方は、今までにそういった積極的な心構えとは逆のものをずっと持ち続けてきてしまった可能性があります。

または、今まで本気で何かを取り組むことから遠ざかるように生きてきた可能性もあります。

そんな私の場合は自分を変えたくてもどうしようもないですか?

と消極的になる必要は全くありません。

それはなぜかと言うと

全く消極的になる必要がない理由

不安で居続けることと積極的に頑張ることの違いと、前者のその辛さを知っているからです

どんなに積極的に頑張れる人でも

・ふとした時や何かが起きた時に不安になってしまうことはよくあること
→この対処ができないとズルズルと引きずってあっという間に落ちてしまう

スポーツの世界でもこういった事実が如実に現れるので、世界レベルの舞台では常に

  • 気力の勝負
  • 精神の戦い
  • 気持ちが強い方が勝つ

と解説や実況の間でも盛んに言われています。

これがテクニックが優れていることとそれを日々磨いてきたことは当たり前で、それらを完璧に近い状態にしても最終的には心構えが優劣を決するという、心構えがいかに大事なのかという証明になります。

世界レベルの舞台でもこの心構えに関してはそれだけ非常に重要とされている

話を戻しますと、不安な消極的心構えがどんな居心地かを知っている人なのであれば、後は

これからの人生で積極的と消極的な心構えのどちらを選択したいのか?

この決断を下すだけです。

でも…こんな私が変わることは出来ますか?

とよく聞かれることがあります。

私はこう聞かれると常に

はい。全く問題ありません。自覚症状がある分、全然軽症です。
むしろもっと重症で大変で手間が掛かるのは、自分は大丈夫、と勘違いしている人です。

と答えています。

選択に関してなかなか勇気を出して一歩を踏み出すことができない、とお悩みの方はこちらの記事が参考になります。

心構えは周囲の人にも影響する

共通点が同じ人々

これはとても重要で、自分の周りにいる人は殆ど自分と価値観や考え方が似ている人が自然と集まっているということです。

よく類友の法則、などとも言われますよね。

例えば、聖人君子の集まりに犯罪者がフラっと入ってきたとしても、絶対に聖人君子のその空気に耐えられずにその場を去ってしまいます。

そのまた逆も然り、です。

私の周り、変な人しかいないんですよ

私の付き合っている人はみんなネガティブで大変なんです

というのは、つまりそういうことです。

あなたの周りにいる人は、積極的な人ですか?それとも楽観的な人ですか?はたまた消極的な人ですか?

心構えはすべての要素が絡み合って初めて完成する

様々な要素とマーケティング

心構えとは読んで字の如しで、心の構えのことです。

つまり、事前に準備ができている状態のことです。

例えば剣道や空手などのスポーツでも構え、というのは次に自分が繰り出す攻撃や、相手の攻撃に対して備えている状態のことを言います。

常日頃から心がどんな状態で構えているのか?

これは一筋縄でどうにかなるものではありません。

先程のスポーツの構えを例に取っても、立ち方一つでどうにかなるものではないのは未経験者でも容易に想像がつきますよね。

呼吸、目線、心拍、体幹、重心、脱力、距離など、さまざまな要素が組み合わさって初めて一つの型、として構えが出来上がります。

心構えも同様に、積極的な心構えというものはその他の複合する要素全てをきちんと形成した結果で出来上がるものです。

よし、私も明日から積極的心構えを持つ!

というのはその意気込みは非常に素晴らしいことなのですが

よし、私も明日からあの名人と同じ構えをする!

というのと同じことです。

自分の心構えが甘い、という場合は構成している要素に足りないものがある、不足しているものがある、ということを意識していくことから始めて一つ一つステップアップしていきましょう。

心構えを作る第一歩として、自分が人生で何を求めているのかを明確にすることで解決できることがあります。

心構えでお悩みの方はこちらの記事も参考になります。

まとめ
  • 人は今までの人生の中で心構えを駆使したことのある経験を持っている事が多い
  • 世界トップレベルでも心構えが優劣を決するほど心構えは重要
  • 心構えは他のすべての要素の複合体であり、組み合わせた集大成