【第241回】異業種交流会TACT@後楽園

みなさんこんにちは!
TACT事務局です。

「案内と売り込み」

皆さんはどのような名刺交換を心掛けていますか?

「商品、サービスの説明をする」
「アポの約束をする」
「名前を覚えてもらう」

一言で名刺交換といっても、様々な目的がありますよね?

それでも、名刺交換をしている相手の方に、少しでも「売り込まれている!」と思われたら、そのあとはなかなか上手くいかないものです。

皆さんもそんなことを感じた経験はありませんか!?

先日8/4は第241回異業種交流会TACT@後楽園を開催致しました。
会場にお越し頂いた皆様には、この場を借りて御礼申し上げます<(_ _)>

現在TACTではマッチングシステムを取り入れています。
参加者に対し主催者が御社の紹介をさせて頂きます。
お陰様でマッチング数125組を超え、会場内でもその場でマッチングできるようになってまいりました。

もちろんマッチング費用、仲介手数料、紹介料も全て無料になります。
(※ただし通常TACT利用者を優先的にマッチングさせて頂きます)

先日は次のような方が参加されました。
・太極拳を拡めようとしている方。
・演劇や役者業をしている方。

どちらの方も交流会初参加ということでしたが、受付を過ぎたあとは気楽に名刺交換でき、とても楽しかったです!と感想を頂いております。

定期的に交流会を開催していると本当に色んな業種の方が来るので、初めてお会いできた時には気持ちが高まります。

冒頭の話に戻ります。

人は売り込まれるとどうしてもその商品を購入したくなくなるものです。
いい商品だったとしても、なにかあるんじゃないか!?と考えてしまうからです。

そこで私は名刺交換をする際には、売り込みにならないように、提案を心掛けています。

提案をするまでにはいくつかの条件を満たす必要があります。
この条件を満たすことでようやく提案することができます。

売り込みと提案。

言葉から文字の意味を読み取ることは、難しいですが、重要な考え方はいたってシンプルです。

ビジネスが思い通りにいかない場合は、売り込みではなく提案になるように心がけるといいかもしれません。

次回の第242回異業種交流会TACTは8/8(火)14:00〜神田にて開催致します!
交流会が初めての方や不安がある方も異業種交流会TACTにお越しください(^^)